家計簿は絶対に付けない。楽しく節約する方法。

節約した実感がないと、モチベーションは上がらない。家を買うことになってから、更に節約に励んでいる。具体的に硬貨を貯金すると、目に見えて(重さで)分かるので、意外に続けることは簡単。しかし、カードとか見えないお金の動きは、節約しても実感がない。

節約成功リストを作る

例えば交通費がそう。私鉄と地下鉄を乗り継いで行くところを、一駅のために乗っていた地下鉄をやめた時。これで180円節約した事になるが、もともとピタパを使っているので、実感がない。そんなにときにメモを取ることにしている。節約成功リストのテンプレートを(iPhoneの)メモで作って、そこに記録するのだ。[10月10日、淀屋橋ー梅田間 180円]という具合。

得したリストも作る

他にも得した事もメモる。[カット代金、ポイントで2000円]とか、スーパーのお買い物ポイントなどを使って買い物をした時も、得した分をメモる。これはムチャクチャ楽しい。実際に現金を手にするのではないが、” 今月はこんなに節約した ”と実感出来る。奥さんは手書きで、専用の手帳に記入している。その手帳は、色んなポイントカードが入る立派な手帳だ。

家計簿は絶対に付けない

我が家は、家計簿は絶対に付けない。付ける気がしないのだ。消費したことは分かっている。どれだけ使ったかを後から知らされても(確認しても)嬉しくない。無駄な物は誰だって買わない。買ったとしても、その時は気持ちが満たされてたはず。それを反省していたら人生楽しくないと思う。家計を見直し、節約ポイントを見つけるために家計簿を付けるというが、楽しくないので続かない。それより、得した&節約リストを付ける方が、節約の励みになり、本当にお金は貯まる。

 

★関連記事:貯まったお金は全部使う。硬貨貯金のいいところ。

↓よろしければ、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村