このエントリーをはてなブックマークに追加

どうすることも出来ない現実

午後から近所の氏神様へお参りに行った。元日も過ぎたので人もまばら、いつもはすれ違う人もいない。

お参りの順番を待つ私達の前に、腰が曲がったお婆さんが男性の手を引いて並んでいた。男性は50代(60代かも?)くらい、親子のようだ。

勇気が必要

帰りの階段でさっきの親子が、めちゃくちゃゆっくり降りていた。「おぶってあげたら?私も手伝うから」奥さんは簡単に言うが、勇気が必要だ。「おみくじに書いてたやん、お正月やし、なっ!」思いきって、腰をおろしながら声をかけた。「背中をお貸ししましょうか?」お婆さんはあっさり私の背中に乗りかかり、肩に手を回した。小さな声でお礼の言葉が聞こえた。男性は奥さんの腕を掴んで歩き出した。

どうすることも出来ない現実

無事に階段を降り、二人と別れた。普通なら介護を必要とする老人が、息子の世話をする。どうすることも出来ない現実を見た。「幸せに暮らせてることに、感謝せなあかんな。」奥さんは自分に言い聞かせるように呟いた。このあと、工事中の我が家を見に行くつもりだったが、今日はやめた。

これも現実

「ツタバ行く?(ツタヤ書店と一緒になったスターバックス)」奥さんが誘った。いつものように別々に座り、それぞれ雑誌を借りてコーヒーを飲む。私はガーデニングとカメラ雑誌。奥さんはインテリアと収納に関する雑誌。

2時間ほどして、買い物をして帰ることにした。「早く、電動自転車が欲しいなぁ。」奥さんは帰りの坂道で呟いた。氏神様での出来事も現実。これも現実。

 

★関連記事:81歳のフェイスブック。「あんたのことが分かりません」?

★関連記事:安くなった外構費。神様の計らいと「立つ鳥、跡を濁さず。」

★関連記事:近くて暗いスーパー。遠くて明るいスーパー。

★関連記事:アプローチまでの階段は11段。電動自転車を持って上がれるか。

★『52歳で家を買う』と題した連載ブログです。お時間があれば、52歳で家を買う(1)から読んで下さい。

↓よろしければ、クリックをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村