ローズマリーの助っ人、プリペットは生垣の王道?

庭に生垣を作る予定で、ローズマリーを植えた(過去記事参照)。しかし、小さ過ぎて生垣の機能を果たすまで、何年かかるか分からない。これは助っ人が必要だ。

そこで選んだのが、シルバープリペット。斑入りで、涼やかな半常緑低木。あるゲストハウスの生垣に、使われていたのを見つけた。はじめは名前も分からなかったが、近くの園芸屋さんで写真(下の写真)を手がかりに教えてもらった。

園芸屋さん:「イボタですわ。」

私:「イボタですか。」

園芸屋さん:「イボタです。そこら辺にいっぱい植わってます。」

私:「生垣にいいですか?」

園芸屋さん:「強いし、よー伸びます。年に2〜3回は刈り込まなあかん。生垣用です。」

私:「置いてますか?」

園芸屋さん:「小さい株ならあります。何株します?」

10株5,000円。近くだったので、配送はサービスしてくれた。奥のレジで支払いを済ませると、奥様(多分)は「今は、プリペットですよ。イボタってねー?古いオッさんだけです。はっはっはっ!」

プリペットは生垣の王道

プリペットを植えると決めてから、町のあちこちで見かけるようになった。おそらく、気にしているからだと思う。古いお屋敷でも、新し目の公共施設やマンションでも見かける。私が知らないだけで、プリペットは生垣の王道だったのだ。

土壌改良がほぼ終わった庭に、プリペット白いランタナを植えた。ランタナはマンションに住んでいるときから、いつか地植えにするつもりで育てていた。今日、やっとその日が来た。クリスマスローズに続く第二段だ。

イボタって呼びたくなる

このプリペットは若木だが、生垣になる素質を感じる。

そして、涼やかでありながら、どこか強靭な雰囲気も醸している。

イボタ(セイヨウイボタのこと)。

プリペットと呼ぶのもいいが、イボタって呼びたくなるのは、オッさんだからか?

★関連記事:これも母性?ローズマリーと小さい自分。

★関連記事:マンションから戸建てに、引っ越し前の取り越し苦労。猫よけはローズマリー。

★関連記事:ベランダから地植えに、9年ぶりのクリスマスローズ。

★関連記事:お金をかけない庭作り。自力造園の道。

 

★『52歳で家を買う』と題した連載ブログです。お時間があれば、52歳で家を買う(1)から読んで下さい。

↓よろしければ、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ