自分で蒔いた種。芝生と人生?

虎刈りの芝生。裏庭も表と同じく、発芽は半分。表の庭が半分くらいなのは何となく分かった。雨で種が流され、偏ったと思われる。しかし、裏庭は違うようだ。

目土が多過ぎた

芝生初心者なので、色々調べて種をまいた。目土は5mから1cmの厚みで種に被せるとあったが、表の庭よりサービスのつもりで少し多く使った。苦労して作った目土(過去記事参照)、セコい考えが仇になったかも。

あまり厚く目土を被せると、その重みで地表に出られない。雨で固まった目土が邪魔で、埋もれてしまった。無知が招いた芝生の悲劇、申し訳ない。

しかし、重い目土を跳ね除け、現れた芝生はたくましい。枯葉の掃除、雑草抜きをして、種を追い蒔きする。

成長期の今は、目土がほとんど必要ないと何かに書いてあったので、今度は目土を少量にした。

種を蒔く自分の姿

種をまきながら、自分の姿を想像する。過去に、これほど多くの種を蒔いたことは無かった。『芽が出てくれ』『早く伸びてくれ』『芝刈りは任せてくれ』心の中で祈っても、どうすることもできないと悟った。

種を蒔いても、その成長をコントロールすることは出来ない。

種を蒔き、発芽するのを待つ。

発芽しなければその原因を探り、また種を蒔く。

自分が蒔いた種。

奥深い。

まるで、人生だ。

 

★関連記事:お金をかけない庭作り。一石四鳥の自力造園。

★関連記事:53歳になっても子供と同じ。『思い通りにならないことを受け入れる』

★関連記事:虎刈りの芝生と雑草と自分の都合。

★関連記事:落とし穴は見えない。ボーダーレスの裏庭と、落ちた職人さん。

 

★『52歳で家を買う』と題した連載ブログです。お時間があれば、52歳で家を買う(1)から読んで下さい。

↓よろしければ、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ