日頃の行い、カラスの襲撃、大きな仕事?

昨日、買い物帰りのこと。信号待ちをしていると、カラスがカーカー飛んでいた。私の手提げ袋を狙っている?

奥さん:「危ないで、カラスがこっち見てる!

私:「大丈夫、大じよッ、わー!」

カラスに頭を蹴られた。一瞬、頭から火が出た感覚。幸い怪我は無かったが、信号待ちをしていた他の人たちは、私から遠く離れて行った。

奥さん:「大丈夫?頭。血ぃ出てない?」

私:「びっくりした。多分、大丈夫。なんか、痛痒い。」

奥さん:「メッセージかな?」と、ニヤニヤしている。

奥さんはいつも、特異なことがあると"メッセージ"と思うのだ。しかし、カラスに襲われたのはこれで2回目。

カラスに肉まんを奪われた

初めてカラスに襲われたのは昨年3月、京都での仕事帰り。昼食を食べ損ねたので、コンビニで肉まんを買い、円山公園のベンチに腰掛けた。そして、肉まんを手にした瞬間、カラスに奪われた。コンビニの袋を手首に下げたまま、放心状態。親指に軽い怪我をした。

2017年3月 円山公園(京都)

カラスの襲撃→大きな仕事?

カラスに肉まんを奪われた翌日、長期出張(3週間)になる大きな仕事のオファーが来た。ちょうどその頃、今の土地が見つかった時。購入するかどうか検討していた(過去記事参照)タイミングだった。

そして今日、仕事のオファーが来た。またしても出張仕事(5日間)。カラス襲撃の翌日だ。偶然だと思うが、これで2回目。

奥さん:「なんか、いいことがあるんちゃうあな?って思ってた。」

私が襲われた時、ニヤニヤしていたのはこれが理由だった。

私:「たまたまやん。それに、危ないで。カラスは顔を覚えるって聞いたことあるし、気ぃ付けな。」

奥さん:「出張までに自力外構出来る?」

私:「出来る。ちょうどや。終わったらすぐ出張やけど、、、」

日頃の行い

仕事が入って気持ちが晴れた。

カラスのおかげか、” 日頃の行い ”か分からない。

2週間後の出張までに、自力外構を終わらせる。

奥さん:「自力造園も自力外構も、お金になれへんしな。えー仕事が入ってよかったやん。」

” 日頃の行い ”という事にしておこう。

 

★関連記事:迷いを後押しする、小さな出来事。

★関連記事:土地の契約、住環境をチェックする。そして、ローン審査の結果が出た。 52歳で家を買う(11)

★関連記事:自力外構プランは如何に?ギフティッシュと固まる砂

 

★『52歳で家を買う』と題した連載ブログです。お時間があれば、52歳で家を買う(1)から読んで下さい。

↓よろしければ、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ