透明のサングラスと、セミファイナル

目を守るためにサングラスを付けている。外に出る時以外にも、パソコンの前で仕事をしている時も、サングラスは欠かせない。私が付けているサングラスは黒くない透明の紫外線99%カットというもの。いわゆる、伊達メガネ。

私は53歳にして、奇跡的にもリーディンググラスを必要としない視力がある(1.5?)。これには奥さんも感心している。

伊達メガネなので、あまり高価のものは着けていない。おしゃれというより、目の保護が目的。プラスティックなので、傷が増えてモヤモヤしてきたら買い替えている。

セミファイナル

今日のお昼過ぎ、公園を抜けて駅に向かっていた。すると、セミが私目掛けて突進してきた。ジュイジュジューッ!

サングラスのおかげで目は守られたが、プラスティックのレンズは傷だらけになった(汚れた)。

まさに、セミの特攻隊。何の因果か、私を襲うと同時に散っていった。サングラスはもう使えない、目の前がモヤモヤになったのだ。

ちょうど都会に出ていたので、サングラスを探すことにした。おしゃれメガネ屋は安くても8000円くらい(高い)。もっと安いのを探していると、店の向かえに100円均一があった。リーディンググラスが売っているくらいなら、サングラスもあるはず!?

伊達メガネ

入り口付近にあった。その名もズバリ、伊達メガネ

これより安いものはない。

セミのおかげで、出会った伊達メガネ。

どこから見ても100円には見えない。

と、思っているのは私だけ?

 

★関連記事:器具ごと交換LEDのダウンライト。寿命は15年?

★関連記事:年に一度は献血。血の気を減らしてリセットする。

★関連記事:53歳で結婚する友人と、夢は芝生の丘で散髪を。

★関連記事:迷いを後押しする、小さな出来事。

 

★『52歳で家を買う』と題した連載ブログです。お時間があれば、52歳で家を買う(1)から読んで下さい。

↓よろしければ、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ