希望の光が見えてきた。ヘーベルハウスのここがいい。52歳で家を買う(7)

見積がきた!!

ヘーベルハウスは企業の規模が大きいから、ローンに強いのかも知れない。私達の誠意と熱意、特にヘーベルハウスを気に入っていることが伝わったのだろう。「ローンは担当者による」この言葉を以前どこかで聞いたことがあったが、本当だった。

5日ほどして家の設計プランと見積が届く。本当に小さい家だ。しかし、1階のピアノの部屋は十分の大きさになっている。あの時、グランドピアノと言い忘れていたが、ちゃんとグランドピアノの絵が描かれている。今のマンションでは完全防音に改装していたので、実質5.5畳くらい。今度は11畳、2倍だ。2階はリビングダイニングと寝室、気になる私の部屋は3。「良かったやん。1畳でなくて。3倍やん」「ん・・?」添えてあっあ手紙にはもっと小さく作れるが、必要な部屋数と大きさから提案したと書かれている。親切設計に胸が熱くなった。

が、値段が気になる。建物だけで外構費や諸経費がない見積もりがある。2000万円ちょっと。高いか安いか分からない。後からどれだけ別途費用が必要か分からないが、2000万円未満の土地を探せばいいだろうとホッとした。いずれにしても自己資金マンション売却の課題が残っている。それでも建物の目安とローン審査に通る可能性が出たことで、射程距離に入ったと実感できた。

(家具と植物の絵は私が描きました。)

ヘーベルハウスのここがいい

ヘーベルハウスが気に入った理由は友人のすすめもあるが、強度が他のハウスメーカーよりも群を抜いていること。それに。今のマンションはスタジオ設計している会社が施行した完全防音のピアノ室。その床と同じレベルの床が家全体に使われている。当然、防音効果も抜群。完全ではないが、マンションではないので必要十分の遮音性が期待出来る。二重サッシと防音扉を追加すれば、今の防音室と同じくらいになるだろう。初めて住宅展示場で見た他のハウスメーカー(○○林業、○○スイ)でさえも、グランドピアノが置ける場所は限定されていた。または、補強が必要だった。「ピアノが置かれへんのやったら、建て売りでも一緒やん。高級感はあるけど高いだけや。」などと、買えない腹いせを心の中でつぶやいた。

 

これからの計画

暫くして、ヘーベルハウスから今後の計画を相談したいと連絡が来た。土地探しのお手伝いから、マンションの売却までヘーベルハウスが行うというのだ。マンション売却 + 土地購入 + 住宅購入がほぼ同時でないと実現しない。私たちは何も知らずに土地探しを始めていた。良く考えると土地だけ先に買うことなんてできなかった。勿論、潤沢な資金があってキャッシュで購入すればいいが、そんなの無理。 ヘーベルハウスの計画が一体どんなものか楽しみだ。

 

持ち家(マンション)の売却と住み替えのタイミング。仮住まいは絶対いや! 52歳で家を買う(8)

 

★『52歳で家を買う』と題した連載ブログです。お時間があれば、52歳で家を買う(1)から読んで下さい。

↓よろしければ、クリックをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ